トレーダー種類

デイトレード、スイングトレードとは?

情報サイトのFXONLINEJPによれば、「デイトレードは」翌日に取引を持ちこさず、新規注文から決済までを1日の間で行う為替売買の手法です。一方「スイングトレード」は、数日から数週間の期間で決済を行うこと指します。

つまり、ポジションを保有している期間の長さによって、デイトレードなのかスイングトレードかに分かれるのです。

さらに長期間に渡りポジションも持つ「ポジショントレード」というものもあり、一般的には数週間から数ヶ月かけて保有しつつ、中~長期単位でのトレンドを追っていきます。先の二つに比べ比較的大きな値幅を狙います。

つまり決済までの期間が短い順に並べると、「デイトレード」「スイングトレード」「ポジショントレード」となります。しかしながら、ポジションをキープしている期間については、それほど細かく定義しなくても問題ありません。

デイトレードの最大の利点は取引が1日の内で完結するため、FX 初心者にはかなり向いていると言えるでしょう。NY市場の急落や企業の不祥事など、取引時間後の思いもよらぬ事件などのリスクを回避することができることにあります。

たとえ予期せぬ事件が発生しても、あなたのポジションにとって有利な方向へ働けば大きく儲けることもできますが、自分が把握、コントロールできない時間には取引を行わないのがデイトレードの特徴です。

一口にデイトレーダーといっても、始値で買い終値で売るという人から、前場だけで売買を完結し後場でも同様に行う人など、取引期間は人によって違いがあります。

スキャルピングと呼ばれる、数分単位での値動きを見て取引をしている人もいます。利用可能ブローカーはiforexがよく取り上げられています。

デイトレードの基本となる考えには「小さい値幅を狙い、大きい取引量で」というものがあります。

デイトレードは非常に人気が高く、今とても注目されていますが、残念ながらetoroでは効率よくこの方法で取引を行うことができません。それよりコピートレードの方があっているようです。基本的に取引時間中は常に市場を監視していなければならず、パソコンの前から離れることができないのです。つまり、会社勤めの方など自由に時間を使えない人にはできないトレード方法なのです。

スイングトレードは、本来は短期的な相場の動きを読みつつ取引を行う手法でしたが、今日では2日~7日ほどの期間を使い取引を行う投資のことをスイングトレードと呼ぶことが一般的になっているようです。

しかし実際の手法はまさしく、相場の短期的な上下を狙って利益を得るという考え方です。

なお、デイトレードとスイングトレードはどちらか1つだけを行わなければいけないということはなく、人によっては両方を使い分けています。